継続ホームセミナー第1回

ますこしょうこ先生の

継続ホームセミナー「レッスン実践編」

始まりました✨

      

   

朝8:50 車で出発

草加市まで約35分

意外と早く着きました!

車の運転の練習も兼ねてます

       

     

第1回目のセミナーなので

かなり緊張していましたが

お部屋に入ったとたん、緊張ふっとんだ

向かいの人の名札が

「滋賀県」えっ?えー?滋賀県から?

もう1人「愛知県」えーっ!

千葉県なんてめちゃめちゃ近いわけです(^_^;)

       

      

ご一緒する方々の雰囲気が良くて

すぐに打ち解けてしまいました!

思いきって参加して、良かった…

何となく1年間がんばれそうです

今日のグループワークは

「レッスンで何を伝えるのか 育てるのか」

       

レッスンで伸ばせる力は?

ピアノ力では、聴く力 表現力 創造力 分析力…

人間力では、礼儀 あきらめない力 想像力 発想力

思いやり 度胸 時間管理 計画性…

とにかくたくさんの力が伸ばせる

(東大生の習い事一位はピアノらしい)

     

教育とは「教える」だけじゃなく「育てる」ことだ

先生は、子どもが芽を出すために

水と肥料を与えるのが役目

やりすぎ、教えすぎは良くない

そんな話も出ました

そして、ピアノのレッスンを取り巻く人々の気持ち

生徒の気持ち

保護者の気持ち

先生の気持ち

地域の気持ち

それぞれどんな思いがあるか、出しあいました

     

しょうこ先生は

「答えは自分たちの中にある」

とにかく、私たちのやっている

ピアノを教える事は素晴らしい仕事なんだよと     

10年続けられるお稽古はピアノ以外なかなかないと

確かにそうです

       

生徒、保護者、ご近所の人々が円滑に

コミュニケーションとっていけたら

ピアノ教室は信頼され認められ、続けていけると

思いました

実際には難しいけれど、何かひとつから始めようと

まずは生徒が来たくなるレッスン環境にしよう✨

   

このところ、うまくいかない、向いてないとか

マイナス思考だったのが

おかげで

元気が出て前向きな姿勢になってます

       

       

スポンサーサイト

単発ホームセミナーへ

少人数でもピアノを教えている私が

今、勉強すべきことは

こういう内容ではないか?と思い

初心に帰り

ますこしょうこ先生の単発ホームセミナー

第1回「生徒募集と体験レッスン」

を考えるセミナーに参加しました

      

今日は松戸から草加まで車で行こうと

決めていて、初めての道のりにドキドキ…

でも、無事にたどり着けてホッとしました

しかも意外と早く着きました!

参加の皆さんと色々考えて、聴いて、気づいて

楽しく有意義な時間でした

   

そして、しょうこ先生の体験レッスンの相手役に

「はい!」と手を挙げて生徒役になっちゃいました

(珍しく積極的~!)

「ぞうさん」を振り付けで歌ったのは

かなり恥ずかしかったけど

しょうこ先生のレッスン楽しかったです!

   

それで、こうやってディスカッションして

色んな方の話に刺激されて

気づいたり、試してみたりすることこそが

自分のレッスンに大きく役立つ学びかも

と思って

一度はためらった継続セミナーに

やはり参加したいと思いました

一年間、月に1回、年10回のセミナー

車で通えるし、頑張れる気がします

編曲オーディション実音審査

巣鴨のピティナにて

月刊ピアノの編曲オーディションの

実音審査がありました

審査員は

橋本晃一先生

鈴木奈美先生

佐土原知子先生というそうそうたる方々

    

編曲オーディションは初めての体験

楽譜書いたこともないのに

よく申し込んだものだ!

楽譜を書いて送る

それを演奏して審査を受ける

他の人の作品を聴く

これだけで充分勉強になりました

      

自分の書いたサン・サーンスの「白鳥」

大人の生徒さんでも弾けるように

左手をやさしく、弾きやすいアレンジに

そして、音が少なくても原曲を損なわず

それらをポイントにアレンジしてみた けど

自信作のはずが

実際に発表したら何かもの足りない(笑)

そして他の参加者のアイデアが凄い!

自分の編曲これはもう明らかにボツだ

・゜・(つД`)・゜・

      

でもひとつやり終えて、スッキリ感

今回一緒に参加した

友人のUさんと、友人になったSさん

(二人共すでに編曲入賞している実力者たち)

オーディション終了後

3人でアトレでケーキを食べ

頑張ったごほうびということで労いました

    

今日聴いた参加者の編曲の数々

アメージンググレイス  糸  

見上げてごらん夜の星を  紅葉

浜辺の歌  いつか王子様が

summer…

お馴染みの曲のアレンジ

どれもレベル高い

どれが雑誌に載っても良い曲

自分の手書き譜がきれいに製本、印刷されて

色んな人に弾いてもらえるなんて

ちょっと羨ましい 夢の話だ (*´ω`*)

雨の1日

桜の花びらがじゅうたんになってます

2つのコンクール見学

初めてグレンツェンコンクールを聴きに

浜離宮ホールへ行きました

ステージには立派なトロフィーが

いっぱい飾ってありました

聴いたのは幼児部門

全員が同じ一曲を

代わる代わる弾いていくスタイルに

ちょっと驚きました

確かに課題曲は難しくないけど

音響のよいホールでは

専門家には音の良し悪しがすぐに

わかってしまうと思う

ある意味、こわいかも ?

      

そのあと、表参道に移動して

教育連盟のピアノオーディション

全国大会を聴いたけど

レベルの違いに驚いた

聞き応えがあった

素晴らしい音楽性を感じる演奏に

いくつか出会った

やはり北海道からの出場者を

応援してしまう 

   

カバレフスキーのソナチネ

バッハのフランス組曲

モーツァルトの変奏曲

メンデルスゾーンの無言歌

これらから一曲を選択だけど

課題曲を合わせると

四期の時代全て学べる

ピティナもそうだけど…

でもうちの生徒さんには

レベルが高いかな~と思った

   

昔自分も学生時代このオーディションに

北海道から参加し

当時、真新しい洗足の前田ホールで

曲はベート-ヴェンのソナタ18番

何と全楽章弾いた!

何の賞も頂けなかったけど

今でもあのステージを鮮明に思い出す

そのとき横浜に住んでいた

高校の声楽の先生のお宅で

ピアノの練習をさせてもらった

大変お世話になった先生

今どうしているのだろう?

    

こちらに住んでからは

オーディションの全国大会は

毎年聴くようにしている

 

昔から変わっていないプログラム

音楽堂での本番終了

2度目の海老名駅

ホームのメロディー、よく聴いたら

いきものがかりでした(^o^)

     

今回は真冬の寒さ、冷たい雨の1日

音楽堂のUさん夫妻に駅まで迎えに来てもらいました

    

連弾の銀河鉄道999のリハーサルでしたが

いきなり2台ピアノに変更

その方が自由で弾きやすいと感じたので

そして、響きのバランスも聴いていただきました

本当に素晴らしい音響のホールです

小学生から大人まで

ピアノだけでなく

ヴァイオリン、チェロ、クラリネットまで

優しい響きの、アットホームな音楽会になりました

私は2台ピアノの他に

ラヴェルのピアノ曲を2曲

あと、後藤ミカさんの曲も弾かせてもらい

気持ち良い響きの中でとても贅沢な気分に

なりました

音楽堂、遠いけれど

またいつか弾かせてもらいたい(*^.^*)

   

せっかく海老名まで来たので

近くに住む、高校時代の友人に会おうと思い

終了後、迎えに来てもらいました

    

久しぶりに会って

海老名のガストで晩ごはん

ゆっくり話しました

特に、北海道の親のこと…

歳をとった親が遠くにいると

何かと心配です(..)

雨の1日でしたが

車に乗せてもらったので

傘をささずに済みました(*^.^*)

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
マイブログへようこそ!

ピアノのことや日常のことを
のんびりゆるやかに綴る日記です

ちなみにpoco a pocoとは
イタリア語で「少しずつ」の意味です
何事も少しずつ
進歩できたらいいなと思って(-ω-;)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR