梨を買いに行く


車で20分位
「梨ロード」と呼んでいる道を走る
うちの方は、梨が名産なので

右を見ても左を見ても
梨の直売所が連なる

車の停めやすい場所を探して
そこから梨農家を数件見て回った




梨畑でもぎとりも出来るけど
どこのお宅も
もぎたての梨を試食させてもらえる
美味しー(^^*)

そこから箱入り梨を親や親戚に直送した
幸水は甘くて好きだけど
時期的に豊水とのこと…でも
試食したら
みずみずしくて美味しかったので
大丈夫でしょう!

サービスで梨をひと袋もらったo(^o^)o
さらに
「わけあり幸水」ひと袋500円
大小不揃いだけど、たくさん入ってる!

ということで
わが家は今、毎日梨を食べている(^_^;)
スポンサーサイト

動物病院通い


先日はワクチンと尿検査
今週は…

足をケガしたみかんさん
どこでどうしたのかわからないが
爪が1本、根元から折れてしまい
痛々しい

いつもの病院で診て貰ったところ
傷口からの血が止まらないので
ここから感染して悪くなるかも
レントゲンで見て、手術になるかも…と
( ̄◇ ̄;)!

それは大変!

抗生剤飲み薬を飲ませ、3日後の朝
絶食させて来て下さいと言われ
落ち着かない数日を過ごした…

深夜からの絶食、朝になり
いよいよ今日は手術だ
同意書を書いて病院へ

しかし
「傷が乾いて血が止まってますね」
「これは手術しなくても良いかも」
「しばらく様子を見ましょう」とのこと

えっ( ̄◇ ̄;)?と拍子抜けしましたが

そういえば、昨日は傷口を舐めてないし
とても元気そうなみかん
血も止まり、痛みも治ってきてるのかも
良かった…

麻酔かけて手術する大ごとがなくなり
ホッとしました(^ ^;)

朝から緊張してたので、どっと疲れた
みかんも、自分がなぜご飯なしなのか
わからず腹ペコで
家に帰るなりガツガツ食べていました


ねこのきもち新しい付録のトラックに乗り
元気そうなみかん
良かった…

武道館ライブへ行く


夏休み最終日

ふなっしー大好きAちゃんのお誘いで
武道館ライブに行って来ました(*´ω`*)


「ふなっしー梨祭」

千葉県民にもかかわらず
未だ一度も会ったことのないふなっしー
とうとう初対面、楽しみに来ました♪

最近トンと
テレビで見かけないふなっしーですが

これが驚くほど凄い人出・・10,000人超え!
まるでジャニーズのライブのよう!

入り口のふなっしーグッズ売り場も
長蛇の列!(並ばなかったけど…)

根強いファンの支持基盤がありました
(日本全国のみならず、台湾、アメリカからも)


ふなっしー本物が登場したときは
思わず感動してしまった(^_^;)

ふなっしーが次々現れる豪華ゲストと

歌ったり
踊ったり
お笑いをしたり
ギター弾いたり
宙吊りになったり etc.

ゆるキャラの身で大丈夫かと…
(とにかく、中の人大丈夫か?と心配した)

ハラハラしたけど楽しくあっという間の
約2時間半でした


会場は黄色と水色で埋め尽くされ
凄い熱気
(我々も当然、黄色と水色の服着てます)

私達が座った席は2階の最前列✨
すっごーくよく見える席でした(^o^)

でもせっかく持って来た双眼鏡を使い
黄色いリストバンドと黄色い手ぬぐいして
年甲斐もなく盛り上がりまくりました~(笑)
!(^^)!


終了後、ふなっしーのツイッターには
ファンや出演者ひとりひとりにお礼の言葉
クタクタだろうに、気配りの人(梨)
礼儀正しいふなっしー✨

明日は(中の人)疲労困憊で動けないだろうけど
大阪城ホール公演もがんばるなっしー!


あー夏休み終わってしまった…
明日からまたがんばろう…



小さな音楽堂


私の友人には
自宅でコンサートを開いている方が
何人かいて
とても羨ましく思います…いいなぁ~

昨日は、ちょっと遠いけど、海老名まで
長年音楽を共に演奏してきた友人の
Uさんご夫妻のお宅に初めて伺いました

亡きご両親の家を建て直し
小さな音楽堂を造られたのです

本格的な音楽ホールで
特に音響はこだわりが強く
オーチャードホールの建築士が手掛けたとの事
天井が高く空間を生かした作りです

昨日は、ご近所の方を招いて
室内楽のコンサートでした
シューベルトの「鱒」など1時間ちょっと

友人夫妻もヴィオラとクラリネットで演奏

小さな音もよく響きわたる
窓からの風景も良く素敵なホールでした✨

ピアノも二台あり
そのうち弾かせてもらいたいです(^^)


ぶらぶら途中下車の旅


今年もピティナのコンペティション
全国大会を見に行こうと思い
千代田線で大手町下車

大手町駅は改札口から工事していて
何が何だかわからないほど覆われていたが
地上に出たら静かなオフィス街

ひときわ大きな読売新聞のビル内にある
よみうり大手町ホールへ

新聞社だけに
リオオリンピックの記事と写真が
大きなパネルになってズラリと並び
ギャラリーとしても面白かった

よみうり大手町ホールは中ホールだけど
落ち着いた木目調の作りで天井も高め
立派なコンサートホールでした

B級の全国大会を1時間ほど聴いたあと
1階ロビーの隅にケンタッキーがあり一休み
するとメニューは
コーヒー紅茶ドリンクとケーキだけ
「肉は?」と聞いたら無いという
珍しいケンタッキーだった・・・(-ω-;)

その後、丸の内線で
大手町→後楽園で下車

肉なしコーヒーだけのケンタッキーでは
さすがに腹ペコで…

後楽園駅の駅ビルにマックを発見
東京ドームの目の前だから
どうやら巨人ファンがすごく多いが
もうここでいい!
と、ダブルチーズバーガーとポテトのセット

マクドナルドは1年くらい食べてなかったけど
久しぶりに食べたら
すごくおいしーものです(*^^*)

高カロリーで糖質の塊と知りつつ
うっかり全部平らげてしまった!後悔

地上に出ると目の前にジェットコースター
昔は子どもたち連れて良く来た後楽園ゆうえんち
今は名前が違うのか…

グーグルマップを頼りに
小石川公園を通過…坂を下り
右に曲がりてくてく…
左に曲がりてくてく…

もいっかい右折したら…あった!
凸版印刷のビル
トッパンホールに到着

トッパンホールは楕円形で横に広がり
圧迫感の少ない
響きの良いコンサートホール
でもロビーがちょっと狭いかな?

ここでは連弾中級を聴いたが
連弾はソロより見ていて面白かった

衣装もおそろい、お辞儀からピッタリ合わせて
手のあげ下ろしもピッタリ
シンクロナイズドスイミングのよう

誰が1位とかは興味ないので
1時間だけ聴いて
そこから歩いて今度は江戸川橋を目指す

目白通りを歩いてるうちに日没…

江戸川橋から有楽町線で池袋で下車
池袋からJRで西日暮里で下車
西日暮里から千代田線で我が家へと
戻ったのでした(^_^;)は~疲れた!

東京の知らない道を歩くのは
なかなか面白い




ロシアンピアノスクール


今年も、表参道のカワイで
ロシアンピアノスクールを聴講しました
今年で4年目

今日は難しい大曲が多かったけれど
あえて聴講しました

リストのソナタ
スクリャービンのソナタ
ショパンのバルカローレ
チャイコフスキーの
くるみ割り人形・プレトニョフ版

みなさん難なく演奏して優秀な学生ばかり
特にスクリャービン弾いた男子学生は
すごく音がきれい、耳が優れているのか…

ネルセシアン先生は非常に博学で
よくオペラや、教会音楽のお喋りをされる

今回も、ピアノの奏法を細かく指摘するより
音楽をもっと広くとらえた話がメインでした

長い曲ほど、お客さんに伝える所は
どこか?ポイントを絞り込んで伝える

ロマン派なら、その時代背景の詩や文学に
ヒントがある
ロマン派は「個性を表現する」風潮
そして「ドラマチック」な展開がある
悲劇とか、不幸とか、死とか…
音楽の中に潜んでいる

・・・といったお話を聴くのが楽しい

又、先生のピアノも素晴らしく
ショパンの舟歌の長いトリルは
水面が滑らかに震えているかのように弾かれて
とっても幻想的だった…

夜は
もうひとり、アンドレイピサレフ先生の
ミニコンサート

チャイコフスキーの四季
12曲、歌っているような美しい演奏
アンコール数曲もチャイコフスキーの小曲
さすがピサレフ先生
ありそうでなかったプログラム

本当に良いレッスンとコンサート聴きました
来年も楽しみです






発表会1ヶ月前


発表会も、あと1ヶ月となった(・・;)

こちらの講師演奏の練習も
侮れない!

なるべく生徒さんと同じように
自分も毎年1曲なにか
発表しようと思っているが
今回は取りかかりが遅すぎた(>_<)

このままでは恥ずかしいので
こちらもがんばらねば…

プログラムはほぼ完成

パソコン故障以来
マイクロソフトオフィス関係使えなくなり
今、無料ソフトでプログラム作成中💦

美術部の高校生に表紙の絵を頼んでいるけど
まだ来ないな~

記念品も注文したし
スタッフにも内容伝えたし
あとはリハーサル会場予約と
当日のお花と
来週からのレッスン・・・

小さい会でも結構忙しいぞ(・・;)

何より
当日まで元気でいることが1番

大きな朝顔、良い色です✨

コンサート3ヶ月前


11月のミニコンサートまで
あと3ヶ月となりました

「ピアノでつづるウィーンよもやま話」
平日のティータイム
ウィーンにまつわるお話と
やさしいクラシック音楽でつづる
小さなコンサートに
主催のピアニストTさんよりお誘いを受け
引き受けたのです

今回はTさんとのピアノデュオなので
オーケストラの名曲(とりわけ序曲)を
ピアノで取り上げようと思い

モーツァルト「魔笛」
ヨハン・シュトラウス2世「こうもり」
スッペ「軽騎兵」・・・などの序曲を練習中

朝練も2週間を超え、少しずつ譜読み中
合わせは9月末から…

しかし
オケの編曲をピアノで弾くのは
同音連打などかなり無茶ぶりな難しさもあると
やってみて分かった(/_;)ぅぅ…
果たして、できあがるのだろうか?

しかし、チラシもでき
今のところ大人の生徒さんが2人
チケットを買ってくれました

なので、もうやるしかない
がんばらねば(-ω-;)

ダイエットも(-ω-;)

ルノワール展&ミッドタウン


やっと今日、国立新美術館に行けました
ルノワール
大好きな画家のひとり


今日は平日の午後なのに、入り口でまさかの
行列、入場規制にあたって混み混み💦💦

人かき分けながらも全て見ました
昔の白黒映画なども見られて印象的でした

19世紀後半の流行の舞踏会の絵
そのドレスや女性のおしゃれなこと


何と言っても
「ピアノを弾く少女」
手の形も良いし、ちゃんと楽譜を見てるし
お手本になるかも?




美術館のあと向かった先は
東京ミッドタウン

こちらでも展覧会があり
flowers
という、プロジェクションマッピングみたいな
ちょっと不思議な空間


発表会見学


ますこしょうこ先生の
ピアノ発表会サマーコンサートを
初めて見学いたしました

ますこ先生の教室といえば
生徒数が80名以上
3才のおちびちゃんから大学生までを
3人の先生で指導されています

ロビーに入るなり
沢山のパネルに、生徒さんの絵と
曲の分析、音楽史の調べ学習
作曲家の大きな写真がお出迎え

すごく読み応えあり
特に作曲家たちの「履歴書」が面白い



勉強になります

ステージでは
合唱や、トーンチャイム、バロックダンス
お話組曲、ポピュラーピアノ
バロックから近現代までのプログラム
ゲストの演奏・・・
6時間半の、盛大な発表会でした

客席は満席でも
静かで、音楽をじっくりと聴けました

ピアノ演奏の背景には、MCの他
その曲のイメージを伝える絵
照明の色やミラーボールで効果的な演出

生徒さんたちがテキパキと
代わる代わる舞台裏の仕事をこなしていて
自分の出番もあるのに・・と
感心しました

これだけ大きな発表会だから
生徒さん自身
会がどう流れて、自分がどう動くのか
把握していないといけない

その点では
ひとりひとり責任持って参加している
さらにピアノ演奏に集中するのだから・・


企画だけでなく演奏の事とか選曲とか
生徒さんの演奏の指導とか
色々な事を、考えさせられました


毎年続けていく先生のご苦労は
計り知れない
お疲れさまでした・・・m(_ _)m

うちもあと1ヶ月
対照的な小さな小さな発表会
だけど、それなりに奮闘中
がんばろう…🎵













プロフィール

hiromi

Author:hiromi
マイブログへようこそ!

ピアノのことや日常のことを
のんびりゆるやかに綴る日記です

ちなみにpoco a pocoとは
イタリア語で「少しずつ」の意味です
何事も少しずつ
進歩できたらいいなと思って(-ω-;)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR