銀座での休日

このところ、毎日何かしら用がある

月=コーラス 

火=月1ギロ友

水=パソコン教室

木=月2ポピュラー勉強

金=月2フラワーレッスンと継続セミナー

土=合唱団の伴奏

日=パソコン教室

疲れがたまっている(*_*)

久しぶりに、なにもない日

友人のAちゃんと銀座でのんびり

6丁目レストラン「トミーバハマ」

ギンザ6(屋上なかなか良い)

キムラヤ(あんパン)

山野楽器  イトーヤ

キルフェボン(ケーキ)

どさんこプラザ 有楽町マルイ

…と、この日は1日楽しんだ

週に1回こんな日が欲しい~!

スポンサーサイト

リトミック講習会へ

リトミックの名前は昔から

知っていたのに、実際のところ

何なのかは知りませんでした!

      

リトミック研究センターの

誰でも参加できる春期講習会に参加

    

駅からタカシマヤの通りを歩いて

3分ほどに教室がありました

およそ20名

幼稚園、保育園の先生が多く

受けに来ていました

まずは今日のリトミック講師

パワフルな先生と手を取り合って挨拶

名前、住まい、そして好きな食べ物

「カレーライス」と答えたけどこれが

後でリトミックのリズムの一つとなるとは…

     

リトミックは、スイスの

エミール ジャック=ダルクローズが考案       

音楽教育と 人間教育の両方

リズム、メロディー

ハーモニー、ビート

ダイナミクスを体で表現し

聴く、周囲への気配り

気持ちを合わせるなど

協調性を育む

脳や神経への刺激を与え

高齢者にもリトミックは良い

   

ピアノの音で

「さぁ立ちましょう!歩きましょう」

そして、次々とリズムや拍や高低、強弱など

いろいろなテーマで二人組、三人組になり

へとへとになるほど動き、喉がからから

盛りだくさんな3時間でした!

      

なるほどリトミックって

こういう事だったんだ~

また機会あれば参加したいと思います

       

帰り、参加者のお一人に誘われて

ランチをしました

タカシマヤの沖縄料理店へ

その方は若いピアノの先生

初対面だけどピアノやレッスンの話が弾み

楽しかったです(*^.^*)

    

単発ホームセミナーへ

少人数でもピアノを教えている私が

今、勉強すべきことは

こういう内容ではないか?と思い

初心に帰り

ますこしょうこ先生の単発ホームセミナー

第1回「生徒募集と体験レッスン」

を考えるセミナーに参加しました

      

今日は松戸から草加まで車で行こうと

決めていて、初めての道のりにドキドキ…

でも、無事にたどり着けてホッとしました

しかも意外と早く着きました!

参加の皆さんと色々考えて、聴いて、気づいて

楽しく有意義な時間でした

   

そして、しょうこ先生の体験レッスンの相手役に

「はい!」と手を挙げて生徒役になっちゃいました

(珍しく積極的~!)

「ぞうさん」を振り付けで歌ったのは

かなり恥ずかしかったけど

しょうこ先生のレッスン楽しかったです!

   

それで、こうやってディスカッションして

色んな方の話に刺激されて

気づいたり、試してみたりすることこそが

自分のレッスンに大きく役立つ学びかも

と思って

一度はためらった継続セミナーに

やはり参加したいと思いました

一年間、月に1回、年10回のセミナー

車で通えるし、頑張れる気がします

イースターのお花

今月のワンディレッスンは

イースターの卵を飾ったアレンジメント

卵の殻に、マスキングテープを貼って

器の縁には藁を束ねて輪にして

(これが大変だった💦)

あとはお花やうさぎを飾って完成

白とグリーンが良い感じ

Excelの勉強

パソコン教室3ヶ月目

月に6回、2時間ずつ

12時間、学んでいる

今は

DVDを見ながらパソコンを使う

映像授業だけど

以外と自分に合っているようで

一時間内には一単元が消化できている

わからないときは遠慮なく何回でも

スタッフの講師を呼び、聞く事ができる

スタッフの先生は何でも手伝ってくれる

だから安心だ

この歳になって、勉強が楽しい

   

思えば子供のころ

小学4年生位から大学生まで

どうして自分は勉強についていけなかったのか

学校の授業が理解できないのは

もともと頭の回転がのろいのもあるが

先生の話が途中からお経に聞こえて

ボーッとしてしまって

話が見えなくなっていた

学校でも、塾でも

そして、先生に

「わかりません」 が言えなかった

恥ずかしくて、手も挙げられない

当たらないことを祈るばかりの毎日

しかも、わからないことをどう質問してよいか

それもわからない

当然テストなんていつも散々な結果

ほんとに次に頑張ろうとか

積極的に解ろうとするタイプではなかった

もっと勇気があってオープンな性格だったら

「いやあ勉強全然わかんないんだよね~」

とか、口に出して誰かに言ってたら

又は誰かに何でも手伝ってもらってたら

未来はもっと明るかったのかもしれない

今、何10年も経って反省し

何でも聞いてわかってスッキリ

したいと思っている

白い桜もいいですね

 

編曲オーディション実音審査

巣鴨のピティナにて

月刊ピアノの編曲オーディションの

実音審査がありました

審査員は

橋本晃一先生

鈴木奈美先生

佐土原知子先生というそうそうたる方々

    

編曲オーディションは初めての体験

楽譜書いたこともないのに

よく申し込んだものだ!

楽譜を書いて送る

それを演奏して審査を受ける

他の人の作品を聴く

これだけで充分勉強になりました

      

自分の書いたサン・サーンスの「白鳥」

大人の生徒さんでも弾けるように

左手をやさしく、弾きやすいアレンジに

そして、音が少なくても原曲を損なわず

それらをポイントにアレンジしてみた けど

自信作のはずが

実際に発表したら何かもの足りない(笑)

そして他の参加者のアイデアが凄い!

自分の編曲これはもう明らかにボツだ

・゜・(つД`)・゜・

      

でもひとつやり終えて、スッキリ感

今回一緒に参加した

友人のUさんと、友人になったSさん

(二人共すでに編曲入賞している実力者たち)

オーディション終了後

3人でアトレでケーキを食べ

頑張ったごほうびということで労いました

    

今日聴いた参加者の編曲の数々

アメージンググレイス  糸  

見上げてごらん夜の星を  紅葉

浜辺の歌  いつか王子様が

summer…

お馴染みの曲のアレンジ

どれもレベル高い

どれが雑誌に載っても良い曲

自分の手書き譜がきれいに製本、印刷されて

色んな人に弾いてもらえるなんて

ちょっと羨ましい 夢の話だ (*´ω`*)

雨の1日

桜の花びらがじゅうたんになってます

インフルエンザ

3月末より39度以上の高熱が続き

熱は下がったところで病院へ 

      

どうやらインフルエンザだったらしい

1週間経っても咳や体中の痛み、寒気

特に、体のだるさが取れず

お腹も壊し、味覚や匂いも変で

食欲も出ない

病院で点滴するほど体力消耗し

横になってること多し

   

10日経っても体調が今一つ良くない

   

今までインフルエンザかかったこと

無かったけど

ウイルスの威力は強烈だった!

お花見は近所の桜を見た程度

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
ピアノのことや日々の小さなことを
のんびりゆるやかに綴る日記です

ちなみにpoco a pocoとは
イタリア語で「少しずつ」の意味です
何事も少しずつ前進できたらいいなと思ってます(^o^)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR