コンクール予選を聴きに

今年もコンクールの予選会を聴きに
行って来ました

ちば音楽コンクール

ピティナコンペティション
の地区予選です

今年のちばコンは
どの部門も参加者の数が一桁と
かなり少ないです

それに引き換えピティナは
人数が多く、2日に分けての開催
特に小学3〜4年の部門は64人!
聴くのが大変でしたが
なかなか上手な演奏をたくさん
聴くことができましたよ

小さな子でも
フレーズや左右バランスをうまく
コントロールしたり
16分音符のスケールを
速くきれいに弾いていたり

沢山練習したんだと分かります
発表会とは違う空気だし
ノーミスで当たり前のステージ

やはりコンクールです
皆沢山練習頑張って本番上手にいっても
点数化されて
通過するしないに振り分けられる
ただ
結果が悪くても
何くそ、次はがんばろう!の精神で
次に行ける子は
きっと人間的にも強くなれるし
ピアノもがんばれるはず

子どもたちの力を引き出すきっかけに
なるなら
コンクールも良い目標かと思います

ステップ

今年のステップは12人参加
今まででいちばん多い!

選曲には苦労しました💦

2曲の組み合わせ
長調と短調
バロックと現代曲
ポピュラーとクラシック
速いと遅い


結局、ギロックの曲を多く
取り入れました
今年はギロック生誕100年だし

導入基礎の子には
はじめてのギロックが大活躍✴

ひとつ目標ができたので
夏休み、練習がんばって❗

本番の日

合唱祭の朝

前日は寝不足で不調だったが

今日は大丈夫

起きてまず練習1回目

演奏する2曲を通してみる

それから部分的に、色々な練習

シャワーにゆっくり入り手足を温める

朝食をとる

持ち物のチェックをして

練習2回目

30分休息とり、腹式呼吸

ストレッチをしたり

練習3回目

本番を意識する

楽譜のめくりチェック

バナナ一本と、チョコレート一粒

カフェオレをお腹に入れる

化粧したり着替えをして

持ち物の確認して

最後にもう1回ピアノさらって

いよいよ出発

   

文化会館には早くついてしまい

二階の客席でAブロックの演奏を聴く

特にピアノの音の響きを聴く

    

Bブロック開始、すぐに舞台裏に移動

その前にトイレに寄る

いつも緊張で手足が冷え、喉が渇くので

ホカロンと、ハンカチと、のど飴持参

舞台袖では

もう一度楽譜に目を通し

気を付けることを確認

それと、また腹式呼吸とストレッチ

極度のあがり症ではあるが

下手から出てお辞儀すると、すごい開き直る

プラスの緊張感をもって本番を終えた

ここのピアノ(スタインウェイ)とは相性良く

気持ちよく弾けた

      

あっという間に終わったけれど

何だか長い1日だった

バナナとカフェオレでは

三時間後の本番までもたずおなかがすいた

あともう一品増やそう 

   

客席からはどのように聴こえたのか

わからないが、無事終わった

次の本番は9月の2台ピアノ…

ミニミニコンサート

4~6才ちびっこ達の初コンサート

みんな男の子、ピアノ男子

家では狭いので

広い公共ホールを借りての開催

 ひとり3曲を発表しました

レッスンではいつもふざけたりして

ちゃんとやれるかどうか

謎だったけど

本番はみな緊張感いっぱい

まじめに慎重にひいていました

親御さんもホッと安心顔

それにしても

みんなカワイイかわいい💠

       

その後のリトミックや

ドラえもん、トトロの歌は

元気いっぱい歌ってくれて

大変よくできました💮

      

ごほうびは金メダル(100均にある)と

うまい棒

トイ・ストーリーの鉛筆

たまにはレッスン以外の遊びをやると

みんな引き締まる(ピシッ!)

継続ホームセミナー第1回

ますこしょうこ先生の

継続ホームセミナー「レッスン実践編」

始まりました✨

      

   

朝8:50 車で出発

草加市まで約35分

意外と早く着きました!

車の運転の練習も兼ねてます

       

     

第1回目のセミナーなので

かなり緊張していましたが

お部屋に入ったとたん、緊張ふっとんだ

向かいの人の名札が

「滋賀県」えっ?えー?滋賀県から?

もう1人「愛知県」えーっ!

千葉県なんてめちゃめちゃ近いわけです(^_^;)

       

      

ご一緒する方々の雰囲気が良くて

すぐに打ち解けてしまいました!

思いきって参加して、良かった…

何となく1年間がんばれそうです

今日のグループワークは

「レッスンで何を伝えるのか 育てるのか」

       

レッスンで伸ばせる力は?

ピアノ力では、聴く力 表現力 創造力 分析力…

人間力では、礼儀 あきらめない力 想像力 発想力

思いやり 度胸 時間管理 計画性…

とにかくたくさんの力が伸ばせる

(東大生の習い事一位はピアノらしい)

     

教育とは「教える」だけじゃなく「育てる」ことだ

先生は、子どもが芽を出すために

水と肥料を与えるのが役目

やりすぎ、教えすぎは良くない

そんな話も出ました

そして、ピアノのレッスンを取り巻く人々の気持ち

生徒の気持ち

保護者の気持ち

先生の気持ち

地域の気持ち

それぞれどんな思いがあるか、出しあいました

     

しょうこ先生は

「答えは自分たちの中にある」

とにかく、私たちのやっている

ピアノを教える事は素晴らしい仕事なんだよと     

10年続けられるお稽古はピアノ以外なかなかないと

確かにそうです

       

生徒、保護者、ご近所の人々が円滑に

コミュニケーションとっていけたら

ピアノ教室は信頼され認められ、続けていけると

思いました

実際には難しいけれど、何かひとつから始めようと

まずは生徒が来たくなるレッスン環境にしよう✨

   

このところ、うまくいかない、向いてないとか

マイナス思考だったのが

おかげで

元気が出て前向きな姿勢になってます

       

       

プロフィール

hiromi

Author:hiromi
ピアノのことや日々の小さなことを
のんびりゆるやかに綴る日記です

ちなみにpoco a pocoとは
イタリア語で「少しずつ」の意味です
何事も少しずつ前進できたらいいなと思ってます(^o^)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR